なないろの訪問看護

なないろが “力を入れている” 3つのこと

①『誤嚥性肺炎』と『褥瘡』の看護に力を入れています

在宅における発生機序や対処法を評価します。
口腔ケア、栄養状態、呼吸・循環、排せつ、睡眠、介護環境など「在宅」ならではの要因をアセスメント(評価)し、最善のケアをご自宅で提供できるようにサポートいたします。

②『重度の方、病状の進行した方』の看護に力を入れています

がん、認知症、脳卒中後遺症、神経難病、各種臓器不全の進行期の方を積極的にお引き受けしております。
各種在宅用医療機器(在宅酸素、人工呼吸器、痰の吸引など)や点滴の管理・使用方法のご説明。
医師の指示により通常の点滴(維持液)、中心静脈栄養(高カロリー輸液)、抗生物質の点滴、各種注射薬などの投与。
痰の吸引、経管栄養、経鼻胃管交換、膀胱留置カテーテル、腹膜透析の管理、褥瘡処置などの医療処置も可能。
これらを主治医の先生と連携して行ってまいります。

③『24時間、365日』の看護に力を入れています

あらかじめ24時間・365日つながる連絡先をお伝えしております。
症状の変化や疑問に思うことがあれば遠慮なく早目にご連絡頂くことが重要です。
そうすることで早目の対処が可能となります。